ヘナという植物

ヘナという植物はインドを中心にアフリカ北部から中国南部まで幅広い地域に分布している ヘナの木はそのまま放置しておくと3メートルを超える高さに成長する しかし、産地では1メートル程度で刈り取ることが多いようだ 収穫は年に2回、5月の酷暑のシーズンと10月の雨季の後のシーズン 10月に収穫したヘナは暑さと水分により5月収穫のヘナよりも優れている インドは気候がヘナの生育に最適な為、生産量や品質において非常に良い産地とされる ヘナの成分にはローソニアというオレンジ色の色素、タンニンという成分が含まれる これらの成分が有効に働くことで、髪にオレンジ色の色素が染着する また皮脂を落とす効果がある為に頭皮を清浄にすことも出来る しかし、これらの効果はヘナの葉部にのみ成分が含まれ、 枝の部分にはこういった成分は含まれていない 従って、雑に選別されたものには枝などが入りその効果が低くなることがある

インドでのヘナの存在

インドでヘナの用途のなかで一番よく目にするのはメヘンディアート メヘンディアートとは婚礼や祝事の際に女性がヘナの色素によってボディーペイントすること 彼女たちは子供の頃からこれらに慣れ親しみ文化として受け継がれてきた その柄には様々な意味合いが含まれ願いや想いを託す トラディショナルな文化の一つとしての存在がある

ヘナを使って髪を染める

メヘンディアートとしてのヘナだけでなく、インドをはじめ世界中で髪を染めるという目的でヘナは使用されている ヘナの葉部を製粉したものをお湯で練ることで滑らかなペーストになり それを頭に乗せることで髪に色素が吸着する 更にタンニンが髪のダメージ部分に入り込み、髪に強さを与えることができる 染めるという目的、毛髪の強化、頭皮の清浄化 ヘナで髪を染めるとこういった効果がえらる  但し、これらは髪の質によっても結果は異なる為、専門家の判断を仰ぐことをオススメしたい

ヘナが持つ色素とその他のハーブ利用

ヘナの色素はオレンジ色 只一色しか存在しない オレンジを緩和させる為に補色であるブルーを活用したい その時に必要なハーブがインディゴである インディゴとヘナの配合比によっていくつかのバリエーションが得られる しかし、これは天然物なのでカラー剤のような豊富さは有しない また、黒髪への染まりは殆ど視覚として感じることが出来ないことが多い 白髪に関してもそれぞれの白髪割合によって表現が異なる それが自然物を使って髪を染めるということである よくある要望に髪を明るくしたいということがあるが それらの要望には全く応えることは不可能だ

Copyright(c) 2015indeyharbs. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com